学習塾ほうぷ

山口県萩市の【学習塾ほうぷ】 中学・高校受験をサポートします!

塾長ブログ
HOME >  塾長ブログ  > 塾長ブログ

塾長ブログ

  • あなたが叶えたい理由とは?

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    さあ目標も立てました
    次は何をすればいいでしょうか?

    それは、なぜその目標を
    叶えたいかということです

    人が行動を起こすときには
    必ずそこに動機があります
    その動機がはっきりすればするほど
    行動は加速度的に早くなります

    実は目標達成することは
    二次目的と言われています

    それではその前にある一次目的とは
    何でしょうか?
    それは、『感情』です

    目標達成することで得られる感情こそが
    一次目的だと言われているのです
    その感情が強い動機をうみ、行動を
    起こすことになります

    なぜ目標を達成したいかを考えることは
    実はどんな感情を得たいかを
    考えることだったのです

    詳しくはこちら

  • 目標の立て方

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    目標は立てた
    できない理由もわかった
    それでOKでしょうか?
    それだけでは目標達成は
    ちょっと難しいかもしれません

    目標達成するには方法があります

    今日はその前に、そもそも
    この目標の立てたかについて
    お話したいと思います

    みなさんは目標を立てるとき、それは
    実現可能なものですか?
    それとも途方もないものですか?

    目標とは努力して、考えて、苦労して
    達成するものなのでもう実現できると
    わかるものは目標とは言いません

    また、例えば
    1年以内に億万長者になっている
    のように時間的にも途方もなさすぎる
    目標も目標とはちょっと違うと思います

    したがって目標とは
    考えて、努力して、行動しないと
    叶えられないくらいの目標を立てるのが
    いいかと思います

    また、目標を立てるときに
    このときに叶うかな?叶わないかな?
    そんな基準で選ぶのもやめて方が
    いいと思います

    詳しくはこちら

  • 自信のあるフリをする

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    自分に自信がないだからなかなか行動できない
    そんな人は結構いるのではないでしょうか?

    みんさんにここで質問です。
    自信て見えますか?
    どんな風に測ればいいでしょうか?

    確かに自信のある人って
    見た目でもわかりますが
    それがどの程度なのかはわかりません

    自信に根拠は必要ないのです

    自信があると思えばそうだし、逆に
    ないと思えばやっぱりそうなります

    先程も言いましたが自信に根拠は必要ないので
    自信がなくてもいいんです。フリをしてください

    自信のあるフリをして行動すればいいのです
    そうすればいつも間にかフリが本物になります
    それは心と体がつながっているという証拠なのです

    最初は脳の顕在意識が否定します
    『そんなフリしてたって無理だろう』
    そこを毎日繰り返しやってみてください

    この動画を見てやるもやらないも
    あなた次第です
    まずは素直にやってみることが
    重要ではないでしょうか?

    私の塾でもいつも言っているのが
    成績が上がる生徒の最大の能力は
    素直なことであるということです

    素直にやってみて
    効果の程を確かめてください

    詳しくはこちら

  • 行動できない・・・

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    目標を立てたのにできない理由を
    お話しているシリーズ

    勉強はやらねければいけない
    このことは皆さんはよくわかっていると思います
    同時に
    成績が上がりたい
    順位が上がりたいと
    同時に思っていると思います

    わかっているのだけどどうしてもできない
    その気持ちの正体とはなんでしょうか?

    一つ目は自分で限界を作っているということに
    あります
    今までやってダメだったんだから
    今回もどうせやっても無理だし、無駄だ
    そんな諦めに似た感情が
    行動にブレーキをかけています

    もう一つは心の奥で
    『失敗したくない、傷つきたくない』
    そういった恐れの気持ちがあると思います

    でも思い出してください
    あなただ赤ちゃんだった頃
    立つ練習をしているときは
    何度も何度も失敗して、それでも諦めないで
    行動してついにできたと思います

    皆さん全員できたんですよ

    それがいつの間にか
    失敗=良くないこと、やってはいけないこと、
    カッコ悪いことというふうに負の感情が
    くっついてしまったのです

    その負の感情が強力なブレーキになって
    行動を阻害しています

    どちらにせよ一番の原因は
    『自分に自信がない』ということでは
    ないでしょうか?

    それではどうすればいいのか!

    そのお話は次回に続く・・・

    詳しくはこちら

  • 変化は恐い?

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    目標を立てたのになかなかできない理由
    今日は二つ目です。それは、
    『変化するのが怖いから』です

    目標を立てて行動し始めると必ず
    失敗はつきものだと以前お話したと思います
    今までと違う動きをするのですから
    失敗するのは自然なことと思います

    どんな人もそうですが
    失敗は嫌なものですよね
    それに心が痛いので無意識的に
    それを避けようとします

    人間の脳にはホメオスタシス(恒常性)という
    性質があって、簡単に言うと変わりたくないという
    性質です
    変化は脳にとってストレスなので
    それを変わりたくないということで
    強力にブレーキをかけてきます

    しかし、人間の成長というのは
    そういったストレスや痛み、失敗を
    乗り越えた先に待っているものです

    同時に人間には成長したいというニーズも
    あるのでむしろ失敗や痛みは歓迎すべき
    ことかもしれませんね

    詳しくはこちら